マツダCX-5を絶対に買ってはいけない3つの理由

 

どうもこんにちは!見た目は美少女・中身はおっさん糸夏ぷぷなです。

今日はタイトルにもある通り「マツダのCX-5を絶対に買ってはいけない3つの理由」を紹介します。

 

私は今年の12月に今乗っているプリウスの車検を迎えるのでその時に車を買い替えたいと思っていて、CX-5はもちろん候補でディーラーにも見に行きました。

 

CX-5は安全装備が充実して価格を抑えた「XD Smart Edition」というグレードがあって、2WDなら価格が302.5万円という破格なんですね。

しかも内装の高級感もすごくて、一回CX-5のXD Smart Editionに乗っちゃうと、トヨタのハリアーの中間グレードの341万円するGグレードなんて乗れなくなっちゃうぐらいです。

私は基本的にSUVによく採用されている無塗装樹脂が嫌いで、CX-5もダサイって酷評しているんですが、ボディカラーを無塗装樹脂が気にならないブラウンあたりにしちゃえばCX-5がいいんじゃないかって思うぐらい気に入りました。

それだけ気に入ったんですが、実はCX-5に3点だけネックな部分があって買うことはできないなと諦めました。

逆に言うと、私がこれからあげる3つのポイントが気にならない方は間違いなくCX-5買ってOKなので注目して動画を見ていただけたらなと思います。

それではいきましょう!

 

 

CX-5を買ってはいけない理由その1:自動駐車機能がない

私が知る限りですが、マツダ車全体として自動駐車機能がついた車が存在しません。CX-5はもちろん、CX-8でもMAZDA6でも自動駐車はこの動画の原稿を執筆している2021年1月2日現在存在しないはずです。

そして、この動画を見てる方の99%は「自動駐車?そんなのいらねーだろ。自分で駐車したほうが早いし、自動駐車に頼るような奴が運転してんじゃね~よ」って感じていると思います。

もちろん、あなたが感じているその違和感は正常です。私も自動駐車機能なんてなくていいと思ってます。

でも、私の奥さんがペーパードライバーなんですけど、以前ヤリスクロスの自動駐車機能で車庫入れをしている動画を見て「うわー!この車欲しい!これだったら私も運転できるじゃん!ねえ、次の車コレにしようよ!」って言い出したんですね。もちろん、ヤリスクロスじゃ自分たちの使い方には小さすぎるから、自動駐車のついた他の車にしようかって話をしました。

 

ただ、このことを財布を奥さんに握られている旦那さんにはしっかり受け止めてほしくってですね。

SUV買いたいって奥さんに言うと、反対されたり、了承がなかなかでないってことあると思うんですね。

それで、じゃあ奥さんがなぜSUV買っていいよって許可を出さないのかって理由の1つに、運転できるかどうか不安っていう意見が一定数あるんですよ。

奥さんが今乗ってる軽自動車やコンパクトカーでも駐車が苦手と感じる場合に「次の車はSUVがいい」なんて言ったら、運転できないから無理っていう意見が絶対あります。

そんなときに、もし自動駐車機能が付いてる車だったら、奥さんと一緒に試乗に行って、スイッチ1つで駐車できることを体験できれば、奥さんも「これならいいよ」と喜んでくれる確率が高まるわけですよ。

 

もちろん、CX-5にも360°のアラウンドビューモニターやバック駐車の誘導ガイドラインなんかはあります。ありますけど、駐車が苦手な方はもれなく機械操作も苦手なので、ここでボタンを切り替えてどうのこうなじゃ駄目なんですよね。スイッチ1つで駐車できる必要があります。

 

もし、私と同じ環境の方がいらっしゃって、CX-5ぐらいのミドルサイズSUVを希望しているのであれば日産のエクストレイルがおすすめですね。オプションでプロパイロットをつけることができて、自動駐車をしてくれます。

でも、2021年にはエクストレイルがモデルチェンジすると言われてますからそれを待ったほうが良さそうです。

 

CX-5を買ってはいけない理由その2:純正デジタルインナーミラーがない

2020年12月3日、マツダは年次改良を行いCX-5はセンターディスプレイが大きくなりSUV代表ハリアーとも張り合えるようになりました。

しかしその一方、メーカーオプションで純正デジタルインナーミラーは登場しませんでした。

トヨタ、日産、ホンダ、スバルはそれぞれ純正のデジタルインナーミラー存在していて、ほとんどの車種においてオプションで付けることができます。

このデジタルインナーミラー、利点が3つあります。

1つ目は大きい車でも、しっかり自分の後方車両を確認できること。車長が長ければ長いほど、鏡で自分の後ろを入っている車を確認するのは難しくなります。

しかし、デジタルインナーミラーは車の後方に取り付けたカメラの映像をミラーに映し出すので、車の大きさに左右されず後方を確認できます。

2つ目のメリットとして、広角カメラで撮影するので斜め後ろの車も確認できるということが挙げられます。

ぜったいに普通のルームミラーでは確認できない範囲をデジタルインナーミラーは映し出すことができるので、車線変更がしやすくなります。

最近はサイドミラーに車がいるお知らせ機能がついているので、デジタルインナーミラーなんていらないんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、

デジタルインナーミラーがあれば視線移動回数が少なくなるので、運転の披露も少なくなります。

【追加収録ここから】

3つ目のメリットは、後席に荷物を沢山載せても、後方を確認できる点です。私は年に数回、いらないものを整理して車に積めるだけ詰め込んでクリーンセンターに直接搬入します。

そのときに、普通のルームミラーでは後ろの窓ガラスを塞いでしまうと、自分の後ろを走ってる車を確認できなくて不安になるのですが、デジタルインナーミラーはカメラで撮影した映像を映し出すので荷物の影響を受けずにどんなに荷物を積んでも、極端な話リアガラスにカーテンを付けた状態でも安心して走ることができます。

汎用的なデジタルインナーミラーは中華製の安物が多く、月に1度は起動に失敗したり、明るい日中は画面が見にくいなどの不便な点があるので、高くてもメーカー純正で使いやすいものが搭載されてほしいなと思います。

【/追加収録ここまで】

 

CX-5を買ってはいけない理由その3:ハイブリッドモデルがない

2020年の年末にマツダは北米市場でトヨタのハイブリッドシステムを搭載したSUVを販売することを公言していますが、日本ではまだまだハイブリッド導入の気配すらありません。

さて、私がなぜハイブリッドモデルを求めているのかと言うと1500Wコンセントを搭載できるからです。あくまでも、燃費のためなんかではありません。

私は東北の地震の経験者で、3日間電気が通らない生活を送っていました。その経験から言って、車にコンセントがあるのはもはや必須と言ってもいいくらいです。

 

私が震災を経験したときは、電気とガスは通ってないけど、水だけは通ってる状態でした。なのでとりあえずシャンプーしないで水風呂浴びて、ご飯も火を使わずに調理できるものだけを食べていました。

 

日本はいつどこで再び大地震が来るかわからないので、何かあったときのために車で1500Wのコンセントを使える状態にすることをおすすめします。

1500Wのコンセントさえ使えれば、ポットでお湯を沸かすことも、電子レンジで調理することも、ドライヤーやヘアアイロンで髪を整えることも可能です。

 

あとはコロナも2021年じゃ収まりそうもないので、テレワークがまだまだ求められると思いますが、私は車を第2のオフィスにしたいなというふうに考えています。

そうなると、パソコンの充電器やらセカンドモニタやら色々電気を使うので、やっぱり1500Wのコンセントは必須になってきます。

 

ということで今回は「マツダのCX-5を絶対に買ってはいけない3つの理由」というテーマでお話しました。是非参考にしてください

【トヨタ】ヤリスクロス・ヤリスついにリコール!原因はまさかの…

どうもこんにちは!

見た目は美少女・中身はおっさん糸夏ぷぷなです。

ついに出ました。トヨタからヤリス・ヤリスクロスのリコールが発表されました。

当チャンネルでも以前動画にしていて、最近納車されているものはすでに対策済みという噂もあるけど真偽不明です。っていうことをお話したんですけれども、それも本当だったということがわかりました。詳しく紹介します。

リコール内容

リコール開始日は12月17日です。

1.不具合の状況

  • (1)ハイブリッドトランスアクスルのインプットダンパにおいて、防錆油の塗布が不適切なため、ダンパの動力伝達部に付着することがあります。そのため、急加速の際、当該ダンパに異常な滑りが生じて警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止するおそれがあります。
  • 対策としては「全車両、インプットダンパを良品と交換します。」とのことです。

要は施工不良で油塗りすぎちゃったってことなんですかね?

ちなみにヤリスクロスにおいては製作期間が10/17までの車両が対象、ヤリスにおいては9/24までの車両が対象となっています。

シートベルトもぶっ壊れる!?

後部中央座席において、金属製ブラケットの加工が不適切なため、衝突時の衝撃により鋭利な端部でシートベルトが損傷する場合があります。そのため、最悪の場合、シートベルトが破断し、乗員を拘束できなくなるおそれがあります。

対策としては、全車両シートベルトアンカプラケットに保護剤を追加します。ということです。

これは全然話題にあがってなかったので知りませんでしたが、怖いですね。ガジェットでも車でも初期型は買うもんじゃないと主張する人の気持ちが分かる気がします。といはえ、私iPhone12(トゥエルブ)Proの初期型買っちゃったんですけどね。

最近どうしたトヨタ?(読まない)

うーん。最近RAV4といい、ヤリス・ヤリスクロスといい設計の甘さが際立ちますね。TNGAで車としての剛性はあがっているのに、細部でなにかしらやらかしてしまっています。

デザインに力を入れすぎて、ほかが疎かになってしまったんでしょうかね?

とはいえ、きちんとリコールを発表してくれたので、そこはさすがトヨタ様の真摯な対応だなと思います。かつてリコール隠しというのが大問題になりましたからね。命を運ぶ車なのでリコールが出て、しっかり改善してもらうというのが一番安心できるのかなと思います。

ということで今日はヤリスとヤリスクロスにリコールが出たという速報をお届けしました。

 

【トヨタ・ヤリス】人気・不人気カラーランキングBEST3!【ディーラー監修】

どうもこんにちは!見た目は美少女・中身はおっさん糸夏ぷぷなです。

今日はトヨタの人気コンパクトカーヤリスの人気カラーランキング、不人気カラーランキングBEST3を紹介しちゃいまーす。

今回はとある地域でディーラーの営業を担当されている方に取材をさせていただき、ランキングを作成しました。地域の特性が多少出ているかもしれませんので参考程度に見てください。それでは行きましょう!

 

トヨタ・ヤリス人気カラーランキング第3位は

ホワイトパールクリスタルシャイン

王道カラーですね。男女問わずに人気です。意外と若い方が選ぶ傾向にあります。

有料色で+33,000のオプションとなっています。

やはり白は光を反射するので夏でも車内が熱くなりにくく、定番カラーで人気なのでリセールも高めになります。そしてお手入れも簡単で汚れも比較的つきにくいので人気になるのもうなずけますね。

 

2位:ブラック×アイスピンクメタリック

ルーフが黒、ボディがアイスピンクメタリックという非常に珍しい組み合わせのツートンカラーですね。55,000円のオプションになります。

メインのボディーカラーは「アイスピンクメタリック」という名前ではあるものの、パット見はホワイトパール、光の加減によってピンクっぽさもあるかなという様々な表情を見ることができるカラーになっています。

このカラーは女性に人気があります。

トヨタ車、ライバルメーカー含めめったにみない見ない色で人気があり中年以上の女性に選ばれる傾向が多いです。

中には、ボディが白で屋根が黒のツートンがあればよかったのに設定に無いので、一番近いこの色にするとご選択された男性の方も一定数いるそうです。

ちなみにホワイトパールにほんのりカラーを混ぜた色といえば、30プリウスにもありましたよね。ホワイトにうっすらパープルが入ったカラーです。トヨタはこのあたりの色の使い方は本当に上手ですよね。

 

そして第1位は:ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック

40〜50代の方に男女共に人気です。

今流行りのツートーンカラーだけど落ち着きがあって色味が綺麗と言う意見や、飽きずに長く乗れそうと言う意見がありました。

高級感がありつつ、流行のツートンカラーということで人気があるようですね。

こちらもツートンなので55,000円のオプションとなっています。

 

さて、続いては不人気カラーランキングです。


不人気カラー第3位:サーモテクトライムグリーン


このカラーはオプションカラー代が44,000円かかるのですが、44,000円出してまで選択する色ではないと言う意見や、土地柄で地方の田舎ということもあり知人にどこにいたかすぐにバレそうという意見もありました。

なるほど、地方の田舎はこういう意見が出てくるものなんですね。

仕事行くって奥さんに伝えて出てったのに、パチンコ屋にいるのが近所の奥さんづてでバレてしまったらたまったもんじゃないですもんね。

ちなみにこのカラーは今のプリウスがモデルチェンジしたときにもオプションカラーで登場し、まちなかのディーラーで展示車として置かれていましたが、全然人気が出なかったカラーとして有名です。

ちなみにこのカラーは実は夏の暑さ対策として有効だと30プリウスYouTuberとして一番有名なべーやんさんがおっしゃってました。

 

2位:ホワイト×センシュアルレッドマイカ

とにかく派手という意見や、こちらもどこに居たかすぐにバレそうという意見がありました。営業のお仕事をサれている方ですら、実物を見たことがないくらいレアだそうです。

こちらなんと77,000円の有料カラーとなっています。

個人的にも77,000円するカラーの割には、バランスが良くないなと思いますね。これだったら、センシュアルレッドマイカのみにして赤単色にしたほうがかっこいいと思います。

ヤリスに乗りたいけど、人とかぶらないものがほしいという方はいいのかもしれませんが、買取価格は人気色よりも低めになってしまうことは念頭に入れておくと良いのではないでしょうか?

 

そして不名誉な不人気カラー第1位は・・

 

ホワイト×ブラック

この色に関して一番多い意見が、「なぜ逆を作らなかったのか」という、ものです。人気カラーのベスト2はルーフがブラック、ボディがホワイトぽいカラーアイスピンクメタリックでしたが、ボディが白で屋根が黒というユーザーの希望が圧倒的に多いそうです。

取材にご協力頂いた営業さんいわく、恐らくトヨタの傾向として特別仕様車でボディ白の屋根黒ツートンを投入してくると予想しているそうです。

私個人的にも、ボディーが黒、ルーフが白というのはバランスが悪いなと正直思っちゃいますね。

せめてピラーも黒だったらだいぶ見栄えも変わったと思うんですどうでしょう?雑に片側のピラーだけ塗ってみました。

うーん・・・やっぱりルーフ白というカラー自体がちょっと受け入れがたいですね(笑)このカラーを乗りこなせるのは菅田将暉のようにおしゃれな若者だけでしょう。わたしのような31のおっさんにはきついです。

 

ということで今回は、ヤリスの人気・不人気カラーランキングBEST3をお届けしました。

バイバイ!