新型ハリアーみんなが買ってるグレードはどれ?

どうもこんにちは!見た目は美少女・中身はおっさん糸夏ぷぷなです。

今日はとある地域でトヨタ系ディーラーで営業をしている方に、「ハリアーのグレード」の選び方を取材させていただき、その内容を元に動画を作成しました。
どのグレードにすればいいか迷っている方、参考にして下さい。

新型ハリアーグレード・価格一覧

まずは新型ハリアーのグレードと価格から見ていきましょう。2WDと4WDのラインナップがありますが、ハリアーはシティ派SUVなので2WDで紹介します。

2WD ガソリン(2L) ハイブリッド (2.5L+モーター)
S 2,999,000 3,580,000
G 3,410,000 4,000,000
G”Leather Package” 3,710,000 4,300,000
Z 3,930,000 4,520,000
Z”Leather Package” 4,230,000 4,820,000

ガソリンとハイブリッドどちらが人気?

排気量が2Lのガソリンモデルと、2.5Lエンジンとモーターのハイブリッドに分かれています。

しかし、ガソリンとハイブリッドモデルを横に並べてみるとかなり価格に開きがありますね。

ほとんどのグレードにおいてハイブリッドにするだけで+59万円になりますが、今回取材させていただいたディーラーではハイブリッドのほうが人気だそうです。

ハイブリッドが人気の理由1:静寂性

ハイブリッドが人気の理由として、静寂性があげられます。ハイブリッドモデルはモーターで加速するので、発進時のエンジン音がせず、なおかつスムーズで高級感を求めるハリアーのニーズとマッチしています。

ハイブリッドが人気の理由2:加速力

2Lエンジン搭載のガソリンモデルは少々非力という声も多く、なんだかもっさりしていると感じる方が多いです。

その一方、ハイブリッドモデルは2.5Lエンジンにモーターの力で加速をアシストするのでスムーズで力強い加速力を持っています。

高速でも街乗りでも、運転していて疲れにくいのはハイブリッドモデルです。

ハイブリッドが人気の理由3:2WDでハイブリッドが登場した

ハリアーの前モデルは、4WDしかハイブリッドモデルの設定がなかったのでハイブリッドを選ぶ割合が少なかったのですが、今回の新型ハリアーで2WDのハイブリッドモデルが登場したことからハイブリッドを選ぶ比率が大幅に増えました。

ただ、最近はハリアーの人気が出すぎて、ガソリンで5ヶ月待ち、ハイブリッドで8ヶ月待ちが目安となっているので、ガソリンモデルにして少しでも納期を早めようという方も出ているそうです。

このまま人気が続くと、アルファードやジムニーのように錬金術が出来る可能性も出てきますね。

アルファードやジムニーを海外で人気の仕様で購入すると、1年で売却すれば買ったお金が丸々戻ってくるなんてこともあります。

新車買う→納車されたらもう1台注文する→1年乗ったら新車と同じ金額で売る→去年注文した新車が届く→また注文する

みたいなことをアルファードやジムニーで実際やってる方もいるので、下手したらハリアーもこの錬金サイクルの仲間入りになる可能性がありますよね~

もちろん私は補償はできないのでやるなら自己責任ですが、本当はハイブリッドが欲しいけど、車検の関係で納期があまり待てない方は、ハイブリッドとガソリンを2台注文して、まずは納期が早いガソリンに数ヶ月乗って、ハイブリッドが完成したらガソリンモデル売却しちゃうって買い方もできなくは無いかななんて思います。

とはいえ、万が一誰かに追突された時、評価損は認められないのでこれを見た方で実際にやる方は一人もいないでしょうね。

 

グレードの人気はどれ?

2WD ガソリン(2L) ハイブリッド (2.5L+モーター)
S 2,999,000 3,580,000
G 3,410,000 4,000,000
G”Leather Package” 3,710,000 4,300,000
Z 3,930,000 4,520,000
Z”Leather Package” 4,230,000 4,820,000

グレードの一番人気はハイブリッド車・ガソリン車ともに最上級のZ“Leather Package”です。

Z“Leather Package”にはトヨタのフラッグシップSUV「ハリアー」のトップグレードだと言わんばかりの内容になっています。

 

まず、52万円追加し中間のGグレードからから最高級のZグレードにすることで

T-Connectナビ(Gグレードの場合369,600円追加)

高輝度シルバー塗装がなされた19インチアルミホイール(Zグレード専用ホイールのためOP設定無し)

ロングタイプのLEDハイマウントストップランプ(Zグレード専用ホイールのためOP設定無し)

カラーヘッドアップディスプレイZグレード専用ホイールのためOP設定無し)

などの豪華装備が標準装備となります。

また、人気オプションナンバーワンの調光パノラマルーフも、最上級のZグレードのみが装着可能です。

 

そして、G/Zグレードに+30万円でレザーパッケージを追加することで

上質な座り心地で優雅な空間を体験できる本革シート

助手席にも採用された電動でシートポジションを調整できる4ウェイパワーシート

シートとスレアリングの位置を記憶し、運転手が変わってもシートポジションの再調整が不要になるポジションメモリー

ハンドルを瞬時にあたため、冬の寒い時期でも手がかじかまないステアリングヒター

季節を問わず常に快適に過ごせる快適温熱シート+シートベンチレーション

が標準装備となります。

これらの豪華装備が追加となることから、一番人気はZ”LeatherPackage”となっています

 

最後アドリブでいっぱいしゃべっちゃいました。ごめんなさい

関連記事

  1. 【トヨタ・ヤリスクロス】内装外装をチェック!これで売れないわけがない【Z・センシュアルレッドマイカ】

  2. ムカつく車の流行【2021年ver】

  3. 保護中: 【悲報】新型プリウス2021年にモデルチェンジなし

  4. 【トヨタ】ヤリスクロス・ヤリスついにリコール!原因はまさかの…

  5. 保護中: 知らないと絶対後悔する!30プリウスを買ってはいけない7つの理由【前編・後編】

  6. 【トヨタ・ヤリス】みんながつけてるメーカーオプションランキングBEST5!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。