【トヨタ・ヤリスクロス】内装外装をチェック!これで売れないわけがない【Z・センシュアルレッドマイカ】

どうもこんにちは

見た目は美少女中身はおっさん糸夏ぷぷなです。

今日は今大人気のトヨタ・ヤリスクロスを見てきたので内装・外装を紹介していきたいと思います。

結論から言うと「これで売れないわけがない」、しかし1台しか車を持てないのであればカローラクロスまで待て

です。

それでは詳しく紹介していきましょう。

グレードについて

ヤリスクロスガソリンモデルZグレード

カラーはセンシュアルレッドマイカ

マツダのソウルレッドほど深みがある赤ではないものの、程よく光沢感がある赤はかっこいいです。スバルの車でよくあるベタって塗った赤色よりはこちらのほうが好みです。

ちなみにヤリスクロスにはX B 、X、 G、 Zと4種類グレードがあり、ガソリン車ながら最上級グレードとなっています。

 

タイヤ・アルミホイール

タイヤはZグレード専用の18インチアルミホールが標準でついています。グレードが下がると16インチになります。

タイヤは215/50R18 エナセーブEC300

高級タイヤではありませんね。お得感を出すためにコストダウンしているのかなという感じです。カローラツーリングはそこそこいいタイヤを標準で履いているので、ヤリスクロスも標準タイヤでは見習ってほしかったです。

 

サイドミラー

LEDサイドターンランプ付き電動格納ミラーは全グレード標準装備。フィットのクロスターは確かオプションで別途なのでお得感がありますね。

ヤリスクロスとかかれたドアモールディングはハイブリッド・ガソリンともにG/Zのみの標準装備。

 

バックランプ

バックランプも最上級Zグレードのみコンビネーションランプとなっています。

 

トランク

ラゲッジは最大390LのコンパクトSUV界にして大容量、マツダのCX-3が350Lなのでそれよりも2Lペットボトル20本分入ると考えるとおおきいですね。

 

 

車中泊

後席を倒すとフラットな空間を作ることができます。

しかし、後席を倒すときは後席のヘッドレストを取る必要があったのはデメリットです。シートポジションによっては取らなくてよいのかもしれませんが、身長170cm以上の方のシートポジションに運転席を合わせた場合は取る必要があるでしょう。

また、フラットになるものの、荷室の空間は狭く、シートを倒した時の奥行きはおよそ130cm、運転席を前に倒しても150cmほどしかないので車中泊どころか仮眠を取るのもよほど小柄な女性でないと難しいと思われます。

 

 

後部座席

後部座席は足元は少々窮屈感を感じるものの、天井の高さがあるのでそこまで狭い感じはしないでしょう。

後席にお子さんを乗せる分には問題ありませんね。

後部座席のドアにもペットボトルを入れるための収納スペースがあります。

 

運転席・助手席

運転席・助手席を見ていきましょう。

ドアを開けた瞬間からコンパクトカーとは思えない高級感が漂っています。

アクセル・ブレーキペダルにはアルミが採用されていないのはちょっと残念。

座席はホールド感のある合成皮革+上級ファブリックを採用。

ホールド力が強いのでちょっと窮屈に感じる場合もあるもしれません。

しかし、私がのっている30プリウスよりもはるかに高級感があり素晴らしいです。

ヤリスクロスのZガソリンはこんなに高級感があって新車可価格221万円。私の30プリウスは全然高級感がないのにしんしゃかかく280万円ちょっと泣けてきますね

ちなみにシートは最上級のZがこのような感じで、Gになると上級ファブリック、Xはファブリックとランクダウンしていきます。

運転席には電動調整可能なパワーシート、お好みのシートポジションを記憶させるメモリー機能もZグレードが標準、Gでオプション。

また寒い日に嬉しいシートヒータが全席にZグレードで標準装備

 

 

ステアリング

Z/Gグレード標準の本革3本巻きステアリング

グレードが下がるとウレタンになります

メーターはZグレードだけが7インチのマルチインフォメーションディスプレイ、それ以外は4.2インチ+デジタルメーターとなります。

レーダークルコンのスイッチですね。

エアコンの吹き出し口も加工がしてあり高級感を醸し出します

ナビはZ/Gが8インチを標準装備、Xが「7インチを標準装備

 

ドア

ドアにも高級感満載

その他安全装備等、グレードによって違いがありますのでいずれアップしたいと思います。

総論

正直、インテリア、エクステリアだけでも最上級のZグレードにする価値はあるのではないかと考えます。

ワタシ的にヤリスクロス、アリかなしかと聞かれたらアリと答えざるを得ません価格と上質感のバランスが崩壊しています。SUVを新車で安く書いという方にはもってこいかと思います。

その一方、注意スべき点として、室内がすこし狭く感じました。私が普段30プリウスに乗っているからというのがあるのかもしれませんが、3ナンバーだからといって中が広いわけではないので、かならず試乗するなり、試乗しなくても運転席と助手席に座ってみるなりしてください。

個人的にはもう少し室内の大きさに余裕がある「カローラクロス」が発売されるのを待ちたいと思います。

ちなみに、メインカーとして使うには厳しいけど、サブカーとして時々小さい車でSUV楽しみたいという感じで購入を考えている方には非常に向いている車です。

また、ヤリスクロス大人気すぎて納期が4ヶ月かかるそうです。どうしてもすぐ欲しい場合は新古車を探したり、見積もりだけ取って、ライバルとなるCX-3などと比較させてCX-3の値引きを引き出しても良いのかなと思います。

 

チャンネル登録してね

このチャンネルは30歳のおっさんが美少女になりきって車に関する動画を沢山投稿しております。

この動画が少しでもあなたの役に立ったのであればグッドボタンとチャンネル登録で応援よろしくおねがいします。

といいたいところですが、最後まで見ていただけたのであれば役に立たなくてもとりあえずグッドボタンとチャンネル登録よろしくお願いいたします。

それでは次の動画でお会いしましょう!

ばいばーい